[44号 K-6] 国連専門家パネル終了の意味、韓国政府が北朝鮮の選挙介入に警戒、金正恩「10年越し」のミサイル目標達成 など、全5トピック

今週も朝鮮半島情勢には重要なニュースが相次ぎました。
徐台教(ソ・テギョ) 2024.04.05
サポートメンバー限定

 サポートメンバーの皆さん、アンニョンハセヨ。南北関係、朝鮮半島情勢を扱うニュースレターをお届けします。

 最近の書き出しはいつも同じですが、韓国はいよいよ来週水曜日10日が総選挙の投開票日。今日5日からは事前投票も始まり、いよいよ本番です。

 なお、選挙を控え、普段から二週間に一度『デモクラシータイムス』というYouTubeチャンネルでやっている『徐台教の韓国通信』という番組の特別版を3日、更新しています。30分ほどで韓国総選挙の雰囲気や争点が分かるので、お時間ある方はご覧下さい。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7530文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
【番外編】近況報告ならびに文在寅前大統領の回顧録についての雑感
サポートメンバー限定
[48号 K-9] 金正恩氏の南北関係「路線転換」から半年...定まり...
サポートメンバー限定
[47号 J-10] 韓国政治特集「総選挙その後とチェ上兵事件」、コラ...
サポートメンバー限定
[46号 K-8] 最新の韓国市民「統一意識調査」、南北朝鮮の対露関係...
サポートメンバー限定
[45号 K-7] 核兵器運用訓練と共に外交熱心な金正恩、それを‘末期...
サポートメンバー限定
「保守優位社会からの転換」...専門家に聞く韓国総選挙の評価
読者限定
「ダイナミックコリア」ふたたび…総選挙惨敗で尹錫悦大統領がまず行うべき...
読者限定
「ひどいにも程がある」…投開票を明日に控えた韓国総選挙を動かす‘尹錫悦...